SEが持っておきたいスキルとは

企業でSEに求められるのは一般的にはシステムの考案と設計であり、仕様書などを作成した上でプログラミングはプログラマーに任せるという形式が取られていることが多い。これは分業によって効率的にプロジェクトを進行させるための戦略であり、人材が十分に確保できていることが前提になっている。
このような現場ではSEにとって発想力豊かにシステムを生み出せるスキルが最も重要になるものの、人材が足りていない現場では状況が異なる。ブラック企業のように人材が不足しやすい企業では完全に分業して仕事を行えないことはよくある。

SEはいてもプログラマーはいないといった状況で働くことになるのは稀ではない。そのため、ブラック企業でシステム開発を達成しようと考えたらプログラミング言語を習得していることが必須事項となる場合がしばしばある。開発するシステムに合っているプログラミング言語を予め習得してあることが求められやすく、仕様を定めたらそのままSEが自らプログラミングを行うことになる。
プログラムの構築だけでなく、さらにはテストから納品まで全てを担うようになる可能性があるため、システム開発の最初から最後までを一通り行えるスキルが求められやすいのが特徴である。歴史のある企業であれば現場に経験のあるSEがいて一連の流れをその都度教われるかもしれない。しかし、プログラミング言語の習得は予め行っておかないと仕事に支障が出るリスクがあるだろう。